自分が何を見ているかを知ること

こんにちは。

 

曇りや雨が続いています。カラッとした乾いた秋の空気に早く来てもらいたいですね。

仕事や私用で忙しいときに限って「お掃除した~い」と思ったりしませんか?

いつものお掃除じゃなくて、ちょっと時間のかかるお掃除です。

床のワックスかけたいな~とか、お風呂のカビ○ラーしたいな~とか、窓きたないな~とか。

なんだか目に付いちゃうんです。

時間ないのに~えー?とちょっとイラッとしちゃう。

 

そんなときはネガティブエネルギーがたまってきてます。

 

 

エネルギーが負に傾いてると汚いものが目につく。(ハッピー音譜なときは汚れていても気になりません)

掃除したい!(浄化したい)

時間がないので出来なくて、イライラする。

見てみぬふりをする。

 

もっとエネルギーが負に傾いていく。

 

負のスパイラルってやつでしょうか。

 

 

こんなエネルギーに振り回されないためには、少しでも掃除してしまうこと。

窓1枚だけとか、お風呂のフタのカビだけとか。

鏡だけとか。

少しのお掃除で自分も家もスッキリしますね。

 

ただ、一番大事なことは見てみぬふりをしない事。

汚れのことじゃなくて、自分の気持ちを見てみぬふり。

 

汚れている事に目がいくのは、負のエネルギーたまってるよって自分からのサインです。

見てみぬふりじゃなくて「ネガティブになってないかな」と自分に目を向けてみましょう。

忙しくて疲れてるときに無理してお掃除することはありません。

自分の気持ちをわかっていることが大切なんです。

 

自分の目線がどこを見ているか、何をピックアップしているかを感じてみてください。