波動の合うことにエネルギーを使おう

こんにちは。

 

寒い朝でしたね。家の前の田んぼが真っ白に霜が降りて、富士山が遠くにくっきり見えました。

車の外気温が-2℃ゲッソリ

一気に冬がやってきましたあせる

暖かい日が続いたせいか今年は紅葉が遅く、庭のイチョウも黄色く染まる前に葉が落ち始めていました。

それでも黄色い絨毯のような落ち葉は美しくて、見ていて心が安らぎます。

ぼやっとしていると風邪を引きそうなので、気を引き締めて忙しくなるであろう年末までを乗り切ってやる~グー

なんて思ってますにやり

 

レイキの学びが進んでいくとエネルギーに対して敏感になります。

なので「波動の合わないものがわかるようになる」ということが起きてきます。

それは、レイキでエネルギーの底上げがなされるので、自分自身の波動が変わるからです。

 

そして、たくさんのレイキエネルギーを使えるようになると同時に、しっかりした自分の軸ができてきます。

 

親しい人間関係の方と、いつもと同じ様な会話をしていても違和感を感じ、なんだかもやっとして、楽しい気持ちでお喋りできない。

物に対してもずっと前からあるものなのに、なぜだか気になりだして、邪魔でしょうがない。

なんていうことが起こってきます。

 

 

今の自分に合わなくなった人間関係を、自分から整理した友人がいました。

長年、仲良く語り合い、時に助け合ってきた関係でしたが、感じた違和感をないものには出来なかったのだと思います。

自身を否定されるようなメールをもらった彼女でしたが、同じことはせず、「それぞれの道を」と決別しました。

自分のエネルギーを下げる相手との関係を自分の意志で断ち切りました。

 

長い間の習慣的な関係、違和感を感じつつ相手の良い所にフォーカスしようと努力する事に

エネルギーを浪費するのはストレスでしかありません。

ですが、わかっていても関係を終わらせるのは勇気がいることです。

 

友人は決別を宣言した後も、相手から愛のある言葉を期待していました。

「今までありがとう」とか「お互いがんばりましょう」とか。

しかし、そういった期待は見事に裏切られました。

一瞬落胆しましたが、すぐに気持ちは前へと動き出したように感じました。

もともと波動が合わなかったのですから決別しても、『楽になる』ことしかないわけですが、やりとりの最中はそう思えずにいます。

でも、ゆれながらも最後まで自分を貫いたことは自分の軸がきちんと機能しているということです。

口先だけの自分軸ではなく、自分の人生を自分で選ぶんだビックリマークという事です。

そして、そういった事柄を通して自分のエネルギーがアップしているということも自覚できるのです。

 

その日の夜、その友人からご主人との仲睦まじい様子のお写真をメールでいただきました。

そのお写真からはこちらまで幸せな気持ちになるような、とても良いエネルギーを感じました。

波動の合うほうにエネルギーを使った結果がちゃんと出ていますラブラブ 

 

そういった友人に触発されて、私も波動の合うことにエネルギーを使おうと再認識しました。

今の自分に合わない人間関係は感謝をもって卒業です。

そう決めてからは自分に感動やワクワクをもたらしてくれる情報や人、ものなどがまわりに集まり始めているのを感じます。

 

自分の感覚を信じて、波動の合うことにエネルギーを使うように意識していきましょう。

そうすると、今の自分の気持ちをアップさせてくれるような、『もの』や『人』がすっと入ってきます。

実際簡単ではない関係もあるかと思いますが(職場の人間関係とか)、自分の内側の決別宣言だけでもいいのです。

要は、振り回されない、囚われない。

 

そして自分の波動の合うことにエネルギーをどんどん使いましょう音譜