レイキ講習の再受講について

こんにちは。

昨夜のスーパームーン、綺麗でしたね。

柔らかな月の光はとても心地よかった。

いつもなら、真っ暗な田舎の風景が明るく照らされて、癒されました。

 

先日、風樹でレイキ講習の再受講をされた方がいらっしゃいました。
少し前に、都内でレベル1~3?(スクールによってレベルわけはさまざまなので)までお受けになったそうです。
ただ、1日で全てを受講したため、理解ができないまま終えたとのこと。

また、講習中に行うアチューメントはティーチャーと1対1なので、複数での受講だった為、他の方がアチューメントされている時間はひたすらワークを課されていたそうです。

 

何のためのワークか
自分に必要なワークか
興味があって、やりたいワークか
今の自分の状況や状態に合っているワークか

理解できないまま、言われたことをやっているだけでは何かを得るのは難しいのではないでしょうか。

時間が長いと集中力もなくなります。

 



そのお客様の一番の要望は、レイキを使えるようになること。
できているかどうか、疑いなく、自信を持ってヒーリングできるようになることでした。

 

アチューメントはレベル3に該当する所まで伝授されていることを確認し、講習のみ行いました。

自分を整えるための呼吸法や瞑想法、シンボル・マントラを使ったヒーリング、遠隔ヒーリングの実習。高次元の存在とのコンタクトやハイヤーセルフとの繋がりを体験していただき、実際「できる」「わかる」に焦点をあてて講習を進めました。

 

ところどころで、お客様ご自身がいま抱えている問題をお聞きして、解決する為にこのレイキをどう生かしていくかなどをお伝えします。

 

講習が終わった時にはとても柔らかい笑顔で、自信をもってレイキを使えるようになりました。

 

風樹で行うレイキ講習は向き合うお客様に合わせて行います。

講習中でも気軽にストップをかけていただいて、「~ってなんですか?」「~ってどういうことですか?」とどんどん質問していただきます。

マンツーマンなので遠慮はいりません。

 

一番伝えたいことは、レイキは誰でも使えるということ。

もともと自分にある能力なんです。

レイキティーチャーはそれをアチューメントという形をとって、強いエネルギーで刺激し、思い出してもらうような作業をします。

テキストを使うのは段階を踏んで確かな感覚を得ながら進むことが出来るようにするためです。

 

レベル1を伝授されてすぐ大きなレイキエネルギーを使うようにはなれませんが、使っていけば必ず

少しずつ、流せるエネルギーが大きくなっていく、

少しずつ、自分が執着しているものを解放していく、

少しずつ、自分の波動が上がっていく、

そうするといろんな変化が起きてきます。

 

先に結果ばかりを求めず、ひとつひとつステップアップしていくことは自分の財産になります。

 

それから『自分は見えないチカラを使うことができる特別な人』なんて勘違いをしないようにお伝えすることも大切にしています。

とても重要なことです。

 

私がレイキを学んで一番よかったと思うことは、自分の内側から答えを見つけ出せるようになること。

 

腑に落ちるという感覚で答えはやってきます。

その答えを信じることは自分を信じること。

自己肯定につながります。

 

自分なんてと信じることができないと、外に答えを求めてしまいますが、いろんな情報はあくまでヒントでしかありません。

 

自分で答えを出し、自分で決める。

コレ大事です。

 

 

風樹では練習会も行っています。

今は状況的に難しいですが、世の中が落ち着きを取り戻したら、また練習会を企画したいと思います。

エネルギーがわかる人同士でヒーリングし合う練習会は、毎回楽しみながらもたくさん気づきを得ることが出来ます。

新しくレイキ講習を受けられた方々と早く練習会がしたいなぁと思います。

 

 

 

アロマセラピー・ヒーリング風樹では他のスクールでレイキを伝授された方の再受講を行っています。

お客様の習熟度をカウンセリングし、何が必要かを把握して講習します。

せっかくアチューメントを受けたのに、使えないと思っていらっしゃるのはもったいないことです。

再受講していただいた方も練習会にご参加いただけます。

また、大人数での練習会が苦手な方はご相談いただきたいと思います。